カードローンのデメリット!大変だから借りない方がいい?

カードローンのデメリット!大変だから借りない方がいい?

「カードローンにはどんなデメリットがあるの?」
「カードローンのデメリットを知ったうえで利用を検討したい。」

カードローンと聞くと「借金をする」「返済が困難になる」といったマイナスのイメージをもたれる方も多いでしょう。

事実、カードローンは言い方を変えれば借金であり、借りたお金には利息がプラスされるので返済の負担が増えます。

しかしカードローンはデメリットばかりではありません。完済までの計画をしっかりと立てて、身の丈にあった借入金を申し込めば、カードローンはあなたの生活を支える存在にもなり得るのです。

そこで本記事ではカードローンのデメリットとその対応策について解説していきます。カードローンでお金を借りたいとお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

カードローンのデメリットとその対応策

それでは、カードローンのデメリットについて解説していきます。

  1. 金利が高い
  2. 借入期間が長くなるほど返済額が増える
  3. 借りすぎてしまう可能性がある
  4. 信用情報機関に履歴が残る

対応策もあわせて紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

1.金利が高い

まずカードローンは、金利が高い傾向にあります。

金利とは、借りたお金にかかる利息の割合を示したもの。金利が高ければ高いほど、利息が増えて返済額の負担が大きくなる仕組みです。

カードローンの金利上限額は利息制限法で定められており、実際の規定はこちら↓

貸付金額金利の上限
10万円未満年20.0%
10万円以上 100万円未満年18.0%
100万円以上年15.0%

利息を割り出す以下の計算式を活用すれば、金利が返済額にどれくらい影響するのかがわかります。

【利息の計算方法】

利息=元金(借入金額)×金利(年利)÷365×借入日数(返済日数)
※「うるう年」の場合は、365を366に置き換え。

たとえば、金利18%のカードローン会社から80万円を借りて、半年完済を仮定した場合。上記の計算式に当てはめて計算すると、利息が7万1,013円になります。想像してみても7万円の上乗せ返済はかなり負担が大きいことがわかるでしょう。

カードローン各社で設定した金利は、私たちには変えられません。

そのため「カードローンを利用するなら利息が高くつく可能性がある」ということを念頭において、自分が返済しきれる範囲のお金を借りるようにしましょう。

2.借入期間が長くなるほど返済額が増えて大変

また、カードローンは借入日数に応じて利息が加算されていき、結果的に返済額が増えていく仕組みです。

たとえば、金利15%のカードローン会社から50万円を借りた場合。「1年返済」「3年返済」「5年返済」で、利息額は以下のように変わります。※先ほどの利息を割り出す計算式に当てはめて算出。

1ヶ月辺りの返済額(1円未満の端数切り捨て)利息
1年返済4万5,129円7万5,000円
3年返済1万7,332円22万5,000円
5年返済1万1,894円37万5,000円

借入期間が長くなれば、月々の返済額の負担は減るものの返済額の総額は高くなります。

「なるべく返済額を増やしたくない…。」という人は、早期完済を目指しましょう。無理な返済をして生活を圧迫しては意味がないので、自分自身の返済能力に応じた範囲内で返済プランを立ててみてください。

また資金に余裕があるときや、臨時ボーナスが入った際は、任意でまとまったお金を返済できる「繰り上げ返済」を利用するのもありです。そうすれば、借入期間を短縮でき返金額も下げられるでしょう。

3.借りすぎてしまう可能性がある

そしてカードローンで、ついついお金を借りすぎてしまうケースも珍しくありません。

貸金業法の総量規制により、年収の3分の1を超える金額の融資が受けられない制限があるものの、利用可能枠の範囲内であれば何度でもお金を借りられます。

すると、どんどん金銭感覚が鈍って「あと数万円だけ、借りちゃおう!」「まだ〇円分借りられるから、もう少しお金使っちゃおう!」といった軽い感覚でお金を借り始めてしまう人もいます。そこが、カードローンの怖いところでもあるでしょう。

必要以上にお金を借りすぎないためには、カードローンのカードを普段持ち歩かないようにする工夫や、「カードローンは単なる借金である」という冷静な意識をもつことが大切です。

4.信用情報に履歴が残る

またカードローンを申し込むと信用情報に履歴が残ります。

信用情報とはローンの申込・契約内容や借入・返済状況、クレジットカード・公共料金・携帯電話の支払い状況など、取引事実を登録した個人の情報のこと。

この信用情報は金融機関と取引をする際に「この人にお金を貸したらしっかり返してくれるのか?」「本当にこの人を信頼していいのか?」といった判断材料として使われます。

カードローンを申し込んだ履歴が信用情報に残っていれば「この人は、たくさん借金を抱えているのかな?」「お金に困りやすい人なのかな?」というような印象を与えかねません。

その結果クレジットカードや、その他のローンの審査に通りにくくなる可能性があります。

しかし、申し込みに関する信用情報は申込日からおよそ6カ月後に自動消去される仕組みです。時間とともにデータは消えるので、いつまでも履歴が残るわけではありません。

カードローンはデメリットを熟知したうえで利用すれば怖くない!

カードローンはデメリットを熟知したうえで利用するのが大切です。

なぜなら、金利が少し高いデメリットを把握していなければ、のちのち返済に苦しむかもしれません。また、ついつい借りすぎてしまうデメリットを知っていなければ、のちのち借金の沼に入り込んでしまう可能性もあるでしょう。

デメリットをあらかじめ知っておけば、回避できるリスクはグッと増えるはずです。

むしろ、返済計画をしっかりと立てて、自分の現状に見合った借入をすればカードローンはお金に困ったときの助け役になってくれるでしょう。

なお、カードローンを申し込むなら信頼できる会社を選ぶことも大切です。

お金を融資する銀行やカードローン会社は、貸金業を営む場合、金融庁に登録をしなければなりません。よって正規の会社であれば金融庁の「登録貸金業者情報検索入力ページ」に登録番号が掲載されています。

検索しても登録番号が表示されなければ、悪徳業者である危険性があるので注意しましょう。

おすすめのカードローン3社

ここではおすすめのカードローン3社をご紹介します。

  1. アイフル
  2. プロミス
  3. SMBCモビット

上記の企業はすべて、金融庁に登録済みの貸金業者です。※2023年3月9日現在

安心してご利用していただけるほか、3社ともEWB申し込みで最短30分以内で借入が完了したり、提携ATMの利用で24時間(メンテナンスを除く)取引できたりとサービス内容も充実。

ぜひ、自分にあったカードローン会社を選んでみてください。

1.アイフル:公式アプリ利用でカードレスの取引が可能

出典:アイフル

アイフルは、返済期間を最長14年6か月、返済回数は最大で151回に設定できます。そのため「少しずつ返済したい」「返済で生活を圧迫されるのを避けたい」という人におすすめ。

またアイフルは公式アプリの機能が充実しており、申込〜借入までの取引もアプリから行えます。カード代わりにもなるので、スマホや携帯にアプリが入っていればお近くのセブン銀行ATM・ローソン銀行ATMでも取引が可能。

なお、利用限度額 100万円以上の方は「ファーストプレミアムカードローン」というサービスが利用でき、上限金利9.5%で借り入れができます。低金利で負担が少ないので、まとまったお金を借りたい人は検討してみると良いでしょう。

金利3.0%~18.0%(実質年率)
借入上限額800万
融資スピード最短20分(*)
無利息期間最大30日間(はじめての方)
担保・保証人不要
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
※お申込の状況によってはご希望にそえない場合がございます。

【アイフルはこちらから】

2.プロミス:最大30日間の無利息期間は利用日から開始

プロミス

プロミスは融資スピードが最短3分とスピーディーなカードローンです。

公式のアプリをダウンロードすれば、返済やチャージの際にポイントがたまっていくサービスを提携でき、たまったポイントは景品と交換したり、買い物の支払いに使ったりすることができます。

またプロミスは30日間の無利息期間があり、初回利用日からカウントがスタート。多くの会社は「契約時から30日間」と定めているなか、プロミスは「利用日から30日間」なので申し込みだけ済ませておきたい場合やゆっくり利用開始したい人には嬉しいサービスです。

金利4.5%〜17.8%(実質年率)
借入上限額500万
融資スピード最短3分
無利息期間最大30日間
※メールアドレス登録とWEB明細利用の登録が必要です。
担保・保証人不要
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

【プロミスはこちらから】

3.SMBCモビット:スピーディー対応で最短3分で借入が完了

モビット

SMBCモビットは安心かつスピーディーな融資を目指しており、WEB申込で最短30分、または申込後すぐにコールセンターに連絡すれば、契約後最短3分で融資が完了。

三井住友銀行のATMであれば利用手数料が0円なのも嬉しいサービスです。

またTポイントと提携しているため、モビットカード(Tカード機能付き)を発行するか、会員専用サービス「Myモビ」から「Tポイント利用手続き」を行えば、返済時にTポイントを貯めることも可能です。

金利3.0%〜18.0%
借入上限額800万
融資スピード最短即日3分
無利息期間なし
担保・保証人不要
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

【SMBCモビットはこちらから】

まとめ:カードローンのデメリットをよく理解したうえでお金を借りよう!

というわけで、カードローンのデメリットからは目を背けるべきではありません。

むしろ、カードローンのマイナスな部分をあらかじめ知っておいたほうが、無理のない借入・返済プランを立てられるはずです。

カードローンは正しく利用すれば、困ったときにあなたの支えになってくれるでしょう。

なお、カードローン会社は金融庁に登録済みの貸金業者がおすすめ!

【おすすめのカードローン会社3社】

1.アイフル:公式アプリ利用でカードレスの取引が可能
2.プロミス:最大30日間の無利息期間は利用日からのカウントでOK
3.SMBCモビット:スピーディー対応で最短3分で借入が完了

お金の借りすぎには十分に注意して、カードローンとうまく付き合っていきましょう。

カードローンカテゴリの最新記事