消費者金融のおすすめ一覧比較!消費者金融一覧激甘ファイナンス。学生・知恵袋など

消費者金融のおすすめ一覧比較!消費者金融一覧激甘ファイナンス。学生・知恵袋など

当日中にお金を借りられるスピードが魅力的な「消費者金融」。そんな消費者金融でも、大手から中小までさまざまな業者があり、一体どこがおすすめなのか疑問ですよね。

そこで本記事では、消費者金融のおすすめ一覧を公開するとともに、メリット・デメリットや審査に通りやすい人の特徴、審査に通らない原因と解決策を徹底解説します。

「消費者金融から一度でも借りるとやばい?」「審査が甘い業者はどこ?」と悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

大手消費者金融のおすすめ一覧5社比較

大手消費者金融のおすすめ一覧は、以下の通りです。

会社名アイフルアコムSMBCモビットプロミスレイクALSA
実質年利3.0〜18.0%3.0〜18.0%3.0〜18.0%4.5〜17.8%4.5〜18.0%
利用限度額1万円〜800万円1万円〜800万円1万円〜800万円500万円まで1万円〜500万円
審査時間最短20分(※1)最短20分最短30分(※2)最短3分最短15
通過率33.0%42.1%非公開39.0%34.9%
担保・保証人不要不要不要不要不要
特徴・郵送物なし
・初めての方最大30日間利息0円
・WEB完結可能
・30日間金利0円
・来店不要
・スマホ完結可能
・WEB完結なら電話連絡・郵送物なしパート・アルバイトOK
・WEB完結可能
・郵送物なし
・30日間利息0円
60日間利息0円
・WEB完結可能
・学生向けの生活応援ローンあり
※1:お申込の状況によってはご希望にそえない場合がございます。
※2:申込の曜日・時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

アイフル・アコム・SMBCモビットの3社は、実質年利・利用限度額・審査時間が共通しています。担保・保証人の有無は、5社全て同様に不要です。

プロミスとレイクALSAは、利用限度額が500万円に設定されています。SMBCモビットを除き、通過率が最も高いのはアコムであることがわかりました。

各社の公式サイトに記載されている対象年齢・収入の安定性・返済能力の有無などの貸付条件がクリアできていれば、パート・アルバイトはもちろん、学生も借入可能です。

消費者金融一覧激甘ファイナンス!中小消費者金融の知恵袋などのおすすめ。学生など

中小消費者金融のおすすめ一覧は、以下の通りです。

会社名セントラルアローフクホーいつもフタバ
実質年利4.8018.00%15.00〜19.94%7.30〜20.00%4.8〜20.0%14.959〜19.945%
利用限度額1万円〜300万円200万円まで5万円〜200万円1万円〜500万円1万円〜50万円
融資までの時間最短即日最短即日
(審査は最短45分)
最短即日最短45分最短即日
担保・保証人不要原則不要原則不要原則不要不要
特徴・最大30日間金利0円
自営業・パート・アルバイトOK
・WEB完結可能
・郵送物なし
・WEB完結可能
・来店不要・来店不要
・カード・郵送物なし
・最大60日間利息0円
・30日間利息0円
・来店不要

会社名アルコシステムエイワAZ株式会社ライフティキャッシングエニー
実質年利15.000〜20.000%17.9507〜19.9436%7.0〜18.0%8.0〜20.0%12.6〜20.0%
利用限度額50万円まで1万円〜50万円1万円〜200万円1,000円〜500万円1万円〜300万円
融資までの時間最短即日最短即日最短即日
(審査は最短30分)
非公開最短即日
(審査は最短30分)
担保・保証人原則不要原則不要原則不要不要原則不要
特徴・友達紹介キャンペーンあり学生ローンあり・WEB完結可能
学生ローンあり
・来店不要
・35日間利息0円
・教育ローンや学費ローンにも対応

実質年利は各社にバラツキがありますが、最も低金利で融資を行なっているのはセントラルといつもの2社でした。

AZ株式会社とセントラルにおいては、最高金利が18%と低く設定されています。特にセントラルは、大手消費者金融に劣らない金利で貸付を行なっている業者と言えるでしょう。

多額の借入を想定している方には、いつもとライフティがおすすめです。大手3社の800万円には届きませんが、中小消費者金融としては大きい500万円までに対応しています。

学生でも借入できる業者を探している」という方には、学生ローンなどを取り扱うエイワ・AZ株式会社・キャッシングエニーが向いているでしょう。

消費者金融から一度でも借りるとやばい?注意すべきデメリット

消費者金融からお金を借りる際の主なデメリットを紹介します。

  • 銀行より金利が高い
  • 他のローン審査に影響を及ぼす
  • 借金に慣れることで抜け出せなくなる

銀行ローンより金利が高い傾向にある

消費者金融は銀行ローンに比べ、高金利な点がデメリットです。

消費者金融のほとんどが担保・保証人不要で融資を行なっており、これは裏を返せば、業者側にとっての貸倒れリスクが高いことを意味します。

利用者からお金を完済してもらえないと大きな損失が発生するため、金利を高く設定しているのです。

また、初めて借入する方は返済実績がなく信用も低いことから、高確率で上限金利が適用されます。

住宅ローンや自動車ローンに影響を及ぼす

消費者金融を利用しただけで他のローンに影響を及ぼすわけではありません。注意すべきなのは、信用情報に傷を残す「返済の遅延および延滞」です。

借金返済が遅れると信用事故としてトラブル履歴が残り、住宅ローン・自動車ローン・教育ローンなどが組みにくくなります

これから新たにローンを組む予定がある方や、新しいクレジットカードを発行する予定がある方にとってはデメリットになりかねませんので、気をつけましょう。

借金に慣れてしまい返済が困難になりやすい

消費者金融では、利用限度額を超えない限り何度でも借入が可能です。

借金の慣れから、気づくと利息が膨れ上がっており、返済できない状況に陥るケースも少なくありません。

消費者金融から一度でも借りるとやばいと言われるのは、このような背景が関係しています。
多重債務者にならないためにも、計画的な返済プランを立ててから融資を受けましょう

消費者金融は審査に通りやすい!嬉しいメリット

反対に、消費者金融を利用する主なメリットは以下の通りです。

  • 銀行よりも審査に通りやすい
  • 最短で即日の融資が可能
  • 借入方法と返済方法が自由

銀行ローンよりは審査に通りやすい

消費者金融は、銀行ローンよりも審査に通りやすい傾向にあります。これは、銀行に比べて消費者金融の方が上限金利が高いためです。

銀行消費者金融
金利低い高い
審査難易度高い低い

また、銀行や大手消費者金融における審査では、コンピューターによる細かいスコアリングを実施しています。

中小消費者金融なら、機械的な審査ではなく、それなりに融通の利く人為的審査が行われるため、審査に通りやすいと言えるでしょう。

スピーディーにお金を借りられる

消費者金融の大きなメリットは、その日のうちにすぐお金を借りられる点です。

大半の消費者金融では、一定の条件を満たすことで最短即日に審査が完了し、当日中に融資を受けられます。

まとまったお金が必要になるシーンは、冠婚葬祭・病気や怪我による入院・家具家電の故障や修理など、常に突発的なので、即金性の高さは嬉しいメリットです。

借入方法と返済方法の柔軟性が高い

消費者金融での借入方法と返済方法は、口座振込・ATM・スマホアプリ・無人契約機(自動契約機)など、さまざまな選択肢があります。

自宅にいながらでも、ATMが見つからないときでも、自分のライフスタイルに合わせて借りたり返したりできるのが強みと言えるでしょう。

業者にもよりますが、24時間365日、土日祝問わずの借入・返済に対応しているサービスもあります。

「審査が甘い」「激甘審査ファイナンス」の消費者金融は存在しない

おすすめの消費者金融を探している方は「審査が甘い」「激甘審査ファイナンス」という業者は存在しないことを把握しておきましょう。

貸金業法第16条に基づき、誰でも簡単に借入できると思い込ませるような広告は禁止されています。

そもそも、利用者の信用情報・借入状況・返済能力に関する調査は、貸金業法第13条における義務です。

消費者金融のおすすめに関するQ&A

消費者金融のおすすめに関するQ&Aをまとめました。

  • 消費者金融の審査に通りやすいのはどんな人?
  • 消費者金融の審査に通らない!どうすればいい?

消費者金融の審査に通りやすいのはどんな人?

以下に該当する方は、消費者金融の審査に通りやすいタイプです。

  • 貸付対象の年齢に当てはまっている
  • 安定的な収入を得ている
  • 勤続年数が長い
  • 勤務先に信用性がある(認知度の高い大手会社など)
  • 借入希望額が年収の3分の1以内に収まっている
  • 直近で複数の銀行・消費者金融などに申し込んでいない
  • 信用情報に傷がついていない
  • 在籍確認に対応できる

基本的に、各業者が掲げる貸付条件を満たしていれば、審査に通りやすいと言えます。

現在借金を延滞している方や総量規制をすでに超えている方は審査に通らないので、注意しましょう。

消費者金融の審査に通らない!どうすればいい?

消費者金融の審査に通らない主な原因と、それぞれの解決策をまとめました。

原因解決策
安定した収入がないパート・アルバイトでもOK
まずは働いて安定した収入を得る
総量規制を超えている借金の返済から始める
親・友人からお金を借りる
買取サービスで不用品を売る
借入件数が3社以上あるおまとめローンを検討する
信用情報に傷がある金融事故の履歴が消えるのを待つ(目安:5〜10年)
親・友人からお金を借りる
買取サービスで不用品を売る
提出書類の不備各書類の有効期限を確認する
住所変更の手続きが完了しているかどうかをチェック

どうしても審査に通らない場合は、消費者金融から借りることにこだわらず、両親や友人を頼ったり、買取サービス・フリマアプリなどで不用品を売ったりしましょう

まとめ

最短即日にお金を借りられる消費者金融は、銀行よりも審査が通りやすく、利用方法の柔軟性の高さがメリットです。

一方、デメリットとしては、限度額を超えない限り何度でも借りられるため、一度でも借りると借金から抜け出せにくくなる点が挙げられます。

本記事で紹介した消費者金融おすすめ一覧を参考にしながら、計画的に利用して、ピンチを乗り越えましょう。

貸金業法に基づき「審査が甘い」「激甘ファイナンス」などと謳う業者は、違法の可能性が高いため要注意です。

金融カテゴリの最新記事