マエカリ後払いは終了!審査なしの電子マネーやメルペイ・後払いワイド・メルペイみたいなサービス

マエカリ後払いは終了!審査なしの電子マネーやメルペイ・後払いワイド・メルペイみたいなサービス

「後払いできるマエカリは終了したけど、ほかのおすすめは?」

「メルペイみたいなサービスや、審査なしで利用できる後払いの電子マネーはない?」

このように考えていませんか。手持ちのお金が足りなくて、洋服やカバンなど、欲しいものを我慢するのは辛いですよね。

そこで本記事では、後払いのメリット・デメリットや審査なしの電子マネーについて解説します。

メルペイや後払いワイドみたいなサービス、ポストペイに便利なクレジットカード5選も紹介するので、支払いのタイミングをずらしたい人は参考にしてみてください。

マエカリ後払いはサービス終了!後払いのメリット・デメリット

ファッション通販サイト「MUSE&Co.(ミューズコー)」で利用できるマエカリの後払いは終了しています。支払いを2か月先にずらせる仕組みは人気でした。

支払いが2ヶ月後だと、計画が立てやすいですね(後略)

引用元:X(旧Twitter)

(前略)ボーナスが入ったら買えるけど、今欲しい!!ということもあるので、 #マエカリ のサービスとっても嬉しいです☺️(後略)

引用元:X(旧Twitter)

そんな人気の後払いサービスにはメリットだけでなくデメリットもありますから、利用前に確認しておきましょう。

メリットデメリット
簡単に登録できる
支払日まで余裕が生まれる
現金を持ち歩かなくて済む
手数料が発生する
利用店舗が限られている
限度額が低い

後払いは登録が簡単です。メールアドレス+電話番号の登録とSMS認証だけで利用できるサービスもあります。

支払日は約2週間〜2か月先に設定されており、実店舗で使える後払いなら現金を持ち歩く必要がありません。

ただ、後払いは利用金額に応じて約1,000円の手数料がかかりますし、使える店舗が限られています。

例えば、メルペイのあと払いは、メルペイが使える店やオンラインショッピングの買い物に利用可能です。

メルペイを使えるのは、iDやメルペイコード決済の導入店ですから、対応していないショップでは後払いも使えません。

また、後払いの限度額は審査によって決定し、クレジットカードよりも低めです。必要な金額によっては後述するクレジットカードや消費者金融の利用も検討してみてください。

キャリア決済の後払いならクイックペイ・iDの電子マネーも審査なし

クイックペイやiDといった電子マネーを審査なしで利用したいときは、携帯料金に合算して支払えるキャリア決済が便利です。電子マネーには、いくつかの種類があります。

【電子マネーの種類】

  • 交通系:SuicaやPASMO
  • クレジットカード系:クイックペイやiD
  • QRコード系:PayPayやd払い、au PAY
  • 流通系:nanaco、WAON

また、電子マネーのうちキャリア決済に対応しているサービスの一例は、以下の通りです。

【キャリア決済に対応している電子マネーの例】

  • NTTドコモ:d払い、dカード プリペイドカード
  • au:au PAY、au PAY プリペイドカード
  • ソフトバンク:PayPay、ソフトバンクカード

ソフトバンクカードは、プリペイドタイプのバーチャルカードです。

dカードプリペイドカードやソフトバンクカードはiD、au PAYプリペイドカードはクイックペイに対応しており、加盟店で利用できます。

ただ、キャリア決済は審査なしといっても、年齢や利用状況によって上限額は決まりますから、支払いが滞らないように気を付けましょう。

比較!後払いワイド・メルペイみたいな後払い

メルペイや後払いワイドといったサービスを比較します。

後払いサービス名限度額手数料支払方法支払日
メルペイのあと払い(※1)最大50万円0円〜880円コンビニ
ATM
口座引落
メルペイ残高
翌月
後払いワイド最大30万円(※2)110円〜550円(※3)コンビニ
口座引落
銀行振込
最大2か月後
あと払いペイディ数万〜30万円0円〜390円(※3)コンビニ
口座引落
銀行振込
翌月10日まで
Kyash イマすぐ入金3,000円〜50,000円500〜1,800円コンビニ
Kyashマネー残高
翌月末
※1:「メルペイスマート払い」と表記される場合があります。
※2:初回利用時の商品購入金額は、上限10万円です。
※3:銀行振込の手数料は、金融機関ごとに異なります。

コンビニ支払いの手数料は、後払いの金額やブランドによって変わります。後払いワイドなら、初回のコンビニ支払いは手数料がかかりません。

また、Kyashのイマすぐ入金は支払方法ではなく、金額に応じて手数料が決められています。口座引落なら手数料がかからないサービスもあるので、費用を抑えたい人に最適です。

ただ、後払いに対応していないショップもありますから、サービスを利用できるかどうかを確認のうえ申し込みましょう。

ポストペイ(後払い)に便利なクレジットカード

ポストペイはクイックペイやiDだけでなく、楽天EdyやPiTaPaなどがあります。ポストペイの利用に便利なクレジットカード5選は、以下の通りです。

  • 楽天カード
  • ライフカード
  • 学生専用ライフカード
  • PayPayカード
  • JCBカードW

クレジットカードがクイックペイとiDのどちらに対応しているかは、カードごとに違います。クイックペイとiDの両方を利用できるクレジットカードは、少数です。

利用したい店舗に対応しているポストペイを確認のうえ、クレジットカードを選びましょう。

①楽天カード

楽天カードは、クイックペイと楽天Edyを利用できるクレジットカードです。楽天ペイのチャージにも使えます。

国際ブランドは4種類あり、優待サービスや豊富なデザインから選択できるのが魅力です。

例えば、JCBならディズニーデザインを選べますし、スポーツやアーティストの絵柄も国際ブランドによって違います。

ただ、楽天カードのアメックスはクイックペイやタッチ決済に対応していません。

アメックスには旅行やゴルフ場の割引を利用できる優待があるので、楽天カードの2枚持ちも一押しです。

年会費無料
審査・発行時間(約)1週間〜10日
ポイント還元率1.0〜3.0%
国際ブランドVisa、Mastercard、JCB、アメックス
電子マネークイックペイ
楽天Edy

楽天カードはこちら

②ライフカード

iDを利用できるライフカードは、ポイントの特典が豊富なクレジットカードです。入会初年度のポイントは1.5倍、誕生月は3倍に増えます。

翌年度からは、利用金額に応じてポイントが最大2倍。また、ポイントの有効期限は最長5年ですから、コツコツ貯めて一気に使用することもできるでしょう。

貯まったポイントはAmazonやVプリカなどのギフトカード、dポイントや楽天ポイントに交換できます。キャッシュバックも選択できるため、使い忘れる心配がありません。

年会費無料
審査・発行時間(約)最短2営業日
ポイント還元率0.3〜0.6%
国際ブランドVisa、Mastercard、JCB
電子マネーiD

ライフカードはこちら

③学生専用ライフカード

学生専用ライフカードは、18歳〜25歳を対象にしたクレジットカードです。進学予定の高校生も、卒業年の1月から申し込めます。

学生専用ライフカードは、海外の利用に役立つ特典が魅力です。例えば、国外の利用総額から3%キャッシュバックされます。

年間最大10万円分が戻ってくるので、留学や旅行などの予定がある人にはうってつけでしょう。

また、最高2,000万円まで補償される海外旅行傷害保険が自動付帯。海外旅行をサポートしてくれる日本語対応のLIFE DESKも利用できるため、トラブルがあったときに安心です。

年会費無料
審査・発行時間(約)最短2営業日
ポイント還元率0.3〜0.6%
国際ブランドVisa、Mastercard、JCB
電子マネーiD

学生専用ライフカードはこちら

④PayPayカード

クイックペイやPayPayを利用できるPayPayカードは、使えるシチュエーションが多いクレジットカードです。

クレジットカード決済に対応していなくても、PayPayなら利用できる店舗もあります。

また、Yahoo!ショッピングの買い物では毎日最大5%ポイント還元ですから、効率的にポイントを貯められるでしょう。

申込から審査完了まで最短5分です。番号表示後は、すぐにネットショッピングに利用できます。

年会費無料
審査・発行時間(約)最短2分
ポイント還元率1.0〜5.0%
国際ブランドVisa、Mastercard、JCB
電子マネークイックペイ

PayPayカードはこちら

⑤JCBカードW

18〜39歳が申し込めるJCBカードWは、クイックペイを利用できます。年会費無料のETCカードを付けられるので、車を運転する人は申し込んでおくと便利でしょう。

JCBカードWの特徴は、ポイントの貯めやすさ。1,000円につき2ポイント貯まり、Amazonやセブン‐イレブンなどのパートナー店舗では倍率が上がります。

また、交換先によってもポイントの価値はアップ。例えば、Amazonの支払いは1ポイント=3.5円分、キャッシュバックなら3円分です。

ビックカメラのビックポイントやJCBプレモカードは1ポイント=5円分として交換できます。

最短5分でデジタルカード番号が発行されますから、急ぎの人は早速申し込みましょう。

年会費無料
審査・発行時間(約)最短5分(※1)
ポイント還元率1.0~5.5%(※2)
国際ブランドJCB
電子マネークイックペイ
※1:JCBナンバーレスカード(NL)とモバイル即時入会サービス(モバ即)の入会条件は、以下の通りです。①9:00AM~8:00PMでお申し込み(受付時間を過ぎた場合は、翌日受付扱い)。②顔写真付き本人確認書類による本人確認(運転免許証/マイナンバーカード/在留カード)。JCBナンバーレスカード(NL)とモバ即での入会後、カード到着前の利用方法について、詳しくはHPをご確認ください。
※2:最大還元率はJCB PREMO(or nanacoポイント)に交換した場合です。

JCBカードWはこちら

審査なしの10万後払いはキャリア決済のみ

審査なしの10万円後払いを探しているなら、キャリア決済を利用しましょう。キャリア決済以外の後払いには、審査があります。

NTTドコモ・au・ソフトバンクのキャリア決済は、20歳以上なら上限額が最大10万円です。利用状況や年齢によって、上限額は変化します。

d払いやau PAY、PayPayといったQRコード決済やプリペイドカードの支払いに利用できるため、使用中のキャリアに対応している後払いサービスをチェックしてみましょう。

また、とにかくすぐに利用できる後払いを探している場合は、あと払いペイディがおすすめです。審査はありますが、最短5分で結果を通知してくれます。

利用状況に応じて最大30万円の限度額が設定される可能性がありますから、使用してみてはいかがでしょうか。

2万借りられる後払いアプリなら即日融資の消費者金融

消費者金融のアプリを利用すると、即日に2万円を借りられる可能性があります。アプリを利用できるおすすめの消費者金融は、以下の通りです。

  • アイフル
  • プロミス
  • アロー

①アイフル

アイフルは借入限度額が大きく、実質年利の下限が低めの大手消費者金融です。年3.0〜18.0%、借入限度額は1万〜800万円ですから、幅広い用途に利用できるでしょう。

また、最短20分で融資が可能なため、急ぎの利用にも最適です(※1)。初回利用時は最大30日間利息がかからず、短期の借入なら返済金額を抑えられます。

返済スケジュールは、月1回または35日サイクルから選択可能です。返済日の3日前にお知らせメールを配送してくれるサービスもあるので、忘れずに支払えるでしょう。

実質年利3.0~18.0%
借入限度額1万~800万円(※2)
融資までの期間最短即日(※3)
担保・保証人不要
Web完結
※1:申込の状況によってはご希望にそえない場合がございます。
※2:ご利用限度額50万円超、または他社を含めた借入金額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要です。
※3:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

【アイフルはこちら】

②プロミス

プロミスは、レディースコールがある大手消費者金融です。電話は9時〜21時まで受け付けており、仕事後にも相談できるでしょう。

また、プロミスも最短3分で融資が期待できます(※1)。実質年利の上限が17.8%なので、少しでも利息を抑えたい人にうれしい特典です。

初回は貸付翌日から30日間利息が無料ですから、手続きを済ませておけば必要なときにスムーズに借入できます(※2)。

実質年利4.5~17.8%
借入限度額1万〜500万円
※借入限度額は審査によって決定いたします
融資までの期間最短即日(※3)
担保・保証人不要
Web完結
※1:申込時間や審査によりご希望にそえない場合がございます。
※2:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※3:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

【プロミスはこちら】

③アロー

アローは、最短45分で審査が完了する名古屋の中小消費者金融です。専用のアプリを使って申し込むと郵便物は届きませんから、バレずに借入できるでしょう。

借入・返済は銀行振込です。返済日は給料日にあわせて五十日から選択できるので、支払いを忘れて使い込んでしまう心配がありません。

他社の返済が遅れていたり、勤続年数が1年未満だったりすると利用できないため、申込ページのチェック項目を確認し、手続きを進めましょう。

実質年利15.0〜19.94%
借入限度額200万円
融資までの期間最短即日
担保・保証人不要
Web完結

【アローはこちら】

まとめ

マエカリの後払いは、サービスが終了しました。後払いは登録が簡単ですし、支払いを約2週間〜2か月先にできます。

ただ、後払いは審査に通過しないと利用できません。キャリア決済なら電子マネーを利用でき、最大10万円まで後払いできる可能性があるので活用してみてください。

また、後払いは手数料がかかり、限度額が低めに設定されているため、クレジットカードや消費者金融の利用もおすすめです。

クレジットカードや消費者金融にも、審査時間が短く、すぐに使えるサービスがあります。

本記事で紹介したポストペイに便利なクレジットカードとアプリを利用できる消費者金融のおすすめは、以下の通りです。

【クレジットカード】

【消費者金融】

後払いやクレジットカード、消費者金融などの各種サービスは支払いが遅れると返済金額が増えるので、計画を立てたうえ申し込みましょう。

金融カテゴリの最新記事