PayPayでお金を借りる審査は厳しい?PayPya銀行カードローン審査落ちの理由や口コミを紹介

PayPayでお金を借りる審査は厳しい?PayPya銀行カードローン審査落ちの理由や口コミを紹介

スマホ決済として認知度が高いPayPayでは、銀行カードローンのサービスがあります。

PayPayは登録が簡単にできるため、お金を借りるのもハードルが低いと感じる人もいるでしょう。

しかし、実際はPayPay銀行カードローンの審査は厳しいとの口コミが多いです。

本記事では、PayPay銀行カードローンの審査落ちする人の特徴や落ちた理由について紹介します。

実際にローンの審査をした人の口コミも紹介しますので、PayPayでのローンを検討している人はぜひ参考にしてください。

PayPayでお金を借りる!審査厳しい?PayPay銀行カードローン審査の口コミ

PayPayでお金を借りるには審査が必要ですが、実際に審査を行った人はどう思ったのでしょうか。

ここでは、PayPay銀行カードローンの審査に関する口コミをご紹介します。

アルバイトだけど通った

PayPayカードを申込みました! 3社ありまたけど訳もわからずJCBにした所審査が通りました! コレばクレジットカードですか? それともデビットカードですか? アルバイトでたいした年収もなく審査に通って戸惑っています!

Yahoo!知恵袋

PayPay銀行カードローンは安定した収入がある人であれば、アルバイトでも審査に通ります

安定した収入とは、毎月継続して収入を得られているということです。

収入額については明記されていませんが、最低でも月に10万円以上の収入がないと審査に通る可能性は低いでしょう。

金利が高い

PayPay銀行のカードローンが便利で口座にお金がないとき使っちょいます ただし、金利が18%なんでクレジットカードの分割金利より高いです! なる早で返さないと大損です😱

Twitter

PayPay銀行カードローンは、金利が高めとの口コミも多くありました。

各銀行や消費者金融の上限金利手数料は以下のとおり。

PayPay銀行カードローン18.0%
楽天銀行カードローン14.5%
三井住友銀行カードローン14.5%
みずほ銀行カードローン14.0%
プロミス17.8%

便利で使い勝手がよいPayPayは銀行カードローンですが、消費者金融のほうが安いケースもあるため利用するならば注意しましょう。

審査が厳しい

PayPay銀行のカードローン審査調査。 体張って、申し込んでみました。 緊急性はありませんでしたが、結果審査落ち。 人生経験で審査厳しい印象

Twitter

PayPay銀行だけでなく、基本的に銀行カードローンは審査が厳しいと言われています。

ほかの銀行カードローンに落ちたことを理由に、PayPay銀行カードローンの利用を検討しているならば審査に通る確率は低いでしょう。

もし、審査に不安があるのであれば、アイフルなどの大手消費者金融がおすすめ。

銀行カードローンより審査が柔軟なため、銀行カードローンで審査落ちしてしまう人も通ることがあります。

アイフルはこちらから

PayPayでお金を借りる!審査落ちする人の特徴と審査に落ちた理由

口コミでも「審査が厳しい」との意見が多いPayPay銀行カードローン。

ここからは、PayPay銀行カードローンの審査に落ちる人の特徴、落ちる理由を紹介していきます。

信用情報に傷がある

信用情報に傷がある人は「返済能力がない」とみなされ、PayPay銀行カードローンの審査に落ちやすいでしょう。

  • 任意整理・個人再生・自己破産などの債務整理をした
  • クレジットカードやカードローンの支払遅延
  • クレジットカードやカードローンの強制解約

上記に当てはまる人は、信用情報が原因で落ちた可能性があります。

信用情報に傷が入っても5年~10年経てば回復しますが、期間中は新規ローンは難しいかもしれません。

短期間で複数のローンを申し込んだ

短期間に複数のローンを申し込むと、懸念材料となり、審査に通過する確率が低くなります。

複数同時申し込みは、信用機関に複数のクレジットカードやカードローンの申し込み履歴がある状態です。

このような状態の人は「契約済みのカードローンが限度額いっぱいになったので新たにローンをしたい」「急ぎでローンを組みたいけど審査落ちした」といった特徴があります。

そのため「よっぽどお金に困っている」「どこでもいいから借りたい」とローン会社の審査担当者に思われてしまい、審査に落とされる可能性が高いです。

職場に在籍確認ができない

PayPay銀行カードローンでは、職場への在籍確認がとれないと審査に通りません。

大手消費者金融では職場や自宅への在籍確認がなくても、Webで完結できるところもあります

しかしPayPay銀行カードローンでは必要となっていますので、在籍確認ができない人はローンが組めないでしょう。

PayPay銀行カードローンの審査基準

PayPay銀行カードローンは仮審査と本審査の2段階となっているため、審査が厳しくなっていることが考えられます。

PayPay銀行カードローンを利用するには、以下の条件を満たさなければいけません。

  • 年齢が20歳以上70歳未満
  • 仕事をしていて安定した収入がある
  • PayPay銀行の普通預金口座を持っている
  • 一定の審査基準を満たし、指定する保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証を受けられる

年齢や仕事は比較的クリアしやすい条件であり、口座はローンと同時に申し込み可能です。

上記の条件を満たしたうえで、先ほど紹介した「落ちやすい人の特徴」に当てはまらなければ、高い確率で審査に通るでしょう。

今すぐお金を借りたいなら大手消費者金融がおすすめ

PayPayは銀行カードローンのため、消費者金融のカードローンよりも審査が厳しいといわれています。

今すぐ借りたい人は、大手消費者金融のカードローンを検討してみましょう。

審査はありますがプロミスであれば、最短3分で融資を受けられるので、今すぐ借りたい人におすすめです。

アイフル

アイフルはWEB申し込みなら最短20分(※)で融資を受けられるため、すぐにでも融資をして欲しい人におすすめです。

便利なスマホアプリもあり、申し込みから返済までをWebで完結できるのも嬉しいポイントです。

ローンを申し込むにあたってネックである在籍確認ですが、アイフルなら原則職場への電話がないため周りの人にバレる心配がありません。

(※審査の結果によっては電話による在籍確認が必要となる場合がございます。)

初めての借入なら最大30日間の無利息期間があるため、利息を支払わずに返済も可能です。
不安なことは電話相談できるので、初めてカードローンを利用する人はアイフルを検討してみてください。

アイフルはこちらから

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
※お申込の状況によってはご希望にそえない場合がございます。

プロミス

プロミス

プロミスもアイフルと同じように、審査結果までが最短3分(※)です。

申し込み〜契約までをWebで完結でき、ローンカードが不要なので無駄な手間がかかりません

自宅に郵便物が届くこともないので、家族にバレたくない人も安心です。

消費者金融を利用するときに、テレビや漫画などの影響から怖いイメージを持っている人は意外と多いもの。

プロミスは女性オペレーターが完全対応してくれる専門ダイヤルがあるので、男性の声に緊張してしまう人でも落ち着いて相談できるでしょう。

プロミスにも無利息期間があり、借入日の翌日から30日間の無利息期間(メールアドレス登録とWEB明細利用の登録が必要です。)が始まります。

ほかの消費者金融では借入日当日から開始されるので、プロミスであれば無利息期間を最大限活用できるメリットがあります。

プロミスはこちらから

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

SMBCモビット

モビット

SMBCモビットは、10秒簡易審査の結果にかかる時間がわずか10秒、本審査は最短30分(※)で結果がでます。

簡易審査では希望の金額を融資してもらえるかの目安がわかるので、初めてカードローンを申し込む人にもおすすめです。

在籍確認のために職場へ電話連絡がありますが、Web完結型の申し込みであれば「電話なし」にできます

ほかの消費者金融のように無利息期間が設けられていませんが、SMBCモビットは即日融資も可能な優秀なカードローンです。

返済でTポイントが貯まり、使うことができるお得なサービスもあるので、ぜひ利用を検討してみてください。

SMBCモビットはこちらから

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

まとめ

PayPay銀行カードローンの基本情報や、審査基準について詳しく解説しました。

PayPay銀行カードローンの審査は決して甘いわけではないため、信用情報に傷がある人は落ちる可能性が高いでしょう。


カードローンを利用するなら、銀行カードローンよりも審査に通りやすい大手消費者金融のカードローンを検討してみてくださいね。

金融カテゴリの最新記事