おまとめローンは審査激甘!柔軟審査どこも通らない人におすすめ。300〜600万成功させるポイント

おまとめローンは審査激甘!柔軟審査どこも通らない人におすすめ。300〜600万成功させるポイント

おまとめローンの利用を検討している方の中には

「おまとめローンで必ず借りれる審査激甘な業者はある?」

「おまとめローンの審査に通りやすいポイントは何?」

このような疑問をお持ちの方もいるのではないでしょうか。

結論からお伝えすると、おまとめローンでも審査がゆるいことはなく、必ずしも借りれるとは限りません。しかし、ポイントを押さえておけば審査に通る可能性を上げられるでしょう。

そこで今回は、おまとめローンの審査に通らない理由や通りやすいポイント、対応が柔軟なおすすめ業者を紹介します。

《審査が柔軟なおまとめローン》

実質年利融資までの期間上限金額
中央リテール10.95~13%最短翌営業日500万円
首都圏キャッシングサービス7.3%~15% 最短即日800万円
デイリーキャッシング8.5%~14.5% 最短即日600万円

おまとめローンは審査激甘?ゆるい、必ず借りれる激甘業者はある?

冒頭でもお伝えした通り、申し込めば必ず借りれるような審査が激甘なおまとめローンはありません。

おまとめローンのように、貸した金額に手数料を上乗せして利益を得ている賃金業者は、確実に返済がされなければ損失を被ることになります。

そのため、返済能力の有無はどの賃金業者でも審査の上で重視される項目です。

しかし、おまとめローンは返済の負担を軽減してくれるイメージが強いため、融通が利きやすいのではないかと感じる方もいるでしょう。

また、総量規制の対象外であることも審査がゆるいと思われる要因の1つです。

総量規制とは賃金業法の規約で、消費者金融やクレジットカード会社などに適用されます。多重債務を防ぐ目的で、年収の3分の1を超える借入れを不可とする決まりです。

出典:【貸金業界の状況】 | 日本貸金業協会

おまとめローンは消費者金融であるものの、総量規制が適用されません。そのため、年収に関係なくいくらでも借りれると思われがちです。

しかし誰彼構わず審査に通過させていれば、返済日に未回収となるリスクが高まるため業者にとって何もメリットがありません。

むしろ、悪意のある人物にお金を騙し取られる危険すらあるでしょう。

貸付金の利息で利益を得ている業者にとって、返済能力の有無や利用者の信用性は重要な審査項目です。

正規のおまとめローン業者であれば、ゆるい審査を行うところはないと理解しておきましょう。

おまとめローンどこも通らない理由は?

おまとめローンの審査に通らないのは、業者側にとってお金を貸すことがリスクにつながると判断された場合です。具体的には、以下のような理由が挙げられます。

  • 借入れ金額が返済能力に見合っていない
  • 借入れ件数が多い
  • 過去に金融事故を起こしている

自分自身に該当する項目がないか、事前に確認しておきましょう。

借入れ金額が返済能力に見合っていない

返済能力に照らし合わせて、借入金額が明らかに多すぎる場合は審査に通らない原因になります。ローンの返済が追いつかない可能性が高く、全額を回収できる目処が立たないためです。

おまとめローンは、複数業者からの借入金を一元化できるため、総量規制のように収入による金額の規制はありません。

しかし、申請者に返済能力を著しくオーバーした借入金がある場合は、未回収リスクが上がり損失につながる恐れがあります。そのため、審査に通らない可能性が高くなるでしょう。

借入れ件数が多い

複数の業者からお金を借りているなど、借入れ件数が多い場合も審査落ちにつながる原因となるため注意が必要です。

おまとめローンを含め、金融業界では利用者の借入れ状況などを共有しています。そのため、申請者の借入れ件数も審査の際に確認されるでしょう。

4社以上からの借入れがある場合は、相当お金に困っていると見なされ、貸しても返済されない可能性が高いと判断されやすくなります。

おまとめローンの場合も、返済される可能性が低いと判断されれば審査に通らない原因となるでしょう。

過去に金融事故を起こしている

過去の借入れの際に、返済金を滞納したり債務整理を行ったりした経験がある場合も要注意です。

前述の通り、金融機関では利用者の情報を共有しています。延滞や債務整理などの情報も記録されているため、金融事故を起こしている場合は業者からの信用を得にくくなるでしょう。

業者側からすると、貸したお金が未回収になることは極力避けたいため、金融事故の履歴がある場合は審査も慎重な姿勢で行われます。

金融事故の情報は信用情報機関に5年間保存されるので、金融事故を起こした経験がある場合は、5年経ってから申し込むのがおすすめです。

おまとめローン300〜600万成功させるポイント

おまとめローンを利用したい方は、審査に通りやすいポイントを押さえておくことが重要です。以下の点を心掛けながら、審査に申し込んでみてください。

  • 借入れ件数を減らす
  • 同時に複数のおまとめローンに申し込まない
  • 正確な情報を申告する

借入れ件数を減らす

おまとめローンの審査に通りやすくするためには、借入れ件数を減らすことが大切です。

借入れ件数を減らすことで、お金に困っているイメージを持たれにくくなり、審査に通過できる可能性が高くなります。

借入れ件数が4件以上の場合は、身の丈に合った借入れができない人物とみなされ、審査に通りにくくなるでしょう。

審査に通過する確率を少しでも上げたいなら、借入れ件数を3件までに減らしておくのがおすすめです。

同時に複数のおまとめローンに申し込まない

おまとめローンの審査に通りたい方は、同時に複数のおまとめローンに申し込まないようにしてください。

ローンの申し込み状況はローン会社内で共有されているため、複数同時に申し込んでいる場合はお金に困っている印象が強くなります。

あまりにもお金がない人は返済能力も疑われてしまうため、ネガティブな印象を与えないようにすることが大切です。

複数社に申し込む場合でも、審査が終わってから次の会社に申し込むようにしましょう。

正確な情報を申告する

おまとめローンに申し込む際には、借入れ金額を正確に申告することも重要です。正確な申告をすることによって、信用できる人物として審査の際によい印象を与えられます。

借入金額が多いからといって情報を偽ったとしても、信用情報の照会によって虚偽申告であることはすぐに知られてしまうでしょう。

また、信用に足らない人物として審査に通らなくなる可能性も高くなるため、正確な情報を申告することが大切です。

柔軟な審査が期待できるおすすめおまとめローン

審査の際に柔軟に対応してもらいたい方には、以下のおまとめローンがおすすめです。

  • 中央リテール
  • 首都圏キャッシングサービス
  • デイリーキャッシング

こちらのおまとめローンは中小消費者金融のため、大手消費者金融よりも利用者の状況に合わせた審査を行ってくれます。

また独自基準を採用していることから、大手よりも審査に通過しやすいでしょう。

中央リテール

出典:中央リテール

「中央リテール」は担保なしでの借入れも可能ですが、不動産を担保とすることで最大3,000円まで限度額を増やせることが特徴です。

年利が最大13%と低く、消費者金融の最大相場(18%)と比較すると大きく金利が抑えられます。複数のローンを中央リテールでまとめることで、経済的な負担を軽減できるでしょう。

審査時間は約2時間で、その日のうちに融資も可能です。オンラインで誰でもすぐに申し込めるため、思い立った時にすぐに借入れ金を一本化できます。

利用限度額500万円(不動産担保で3,000万円)
実質年利10.95~13%
返済期間最長10年(120回)
審査時間受付より約2時間
担保・連帯保証人不要

中央リテールの詳細はこちらから

首都圏キャッシングサービス

出典:首都圏キャッシングサービス

「首都圏キャッシングサービス」は、名称通り東京都・千葉県・埼玉県・神奈川県を対象としたおまとめローンです。

原則勤務先への電話連絡はなしとしているため、職場の人に借入れを知られたくない方でも安心して利用できます。また、WEB申し込みなら来店も不要です。

融資までのスピード感も強みで、最短即日での対応も行っています。返済期限が30年以内とゆとりを持った返済も可能なため、無理のない範囲でマネープランを立てられるのも嬉しい点です。

利用限度額50万円~800万円
実質年利7.3%~15%
返済期間30年以内、360回以内(1ヶ月単位)
担保・連帯保証人不要

首都圏キャッシングサービス

デイリーキャッシング

出典:デイリーキャッシング

「デイリーキャッシング」は、パートやアルバイトでも毎月定期的な収入があれば申し込みが可能です。

600万円までの融資が可能なため、借入れ総額が多い方でも十分に対応できるでしょう。また、即日融資にも対応しているので、借入れ金を早くまとめてしまいたい方にもおすすめです。

来店・電話・WEBから好きな方法で申し込めるので、対面で相談しながら融資の手続きを行いたい方でも安心して利用できます。

融資時間即日可能
利用限度額50万円~600万円
返済期間最長10年 / 12~120回払い
実質年利8.5%~14.5%

デイリーキャッシングの詳細はこちらから

まとめ

おまとめローンであっても審査がゆるい業者はありません。しかし、審査に通らないケースや通りやすいポイントを把握しておくことで、借入れできる可能性が高くなるでしょう。

おまとめローンは総量規制の対象外ではありますが、借入れの際には自分の返済能力と照らし合わせて適切な金額を申し込むようにしてください。

金融カテゴリの最新記事