アイフルで30万の利子はいくら?利息計算後の金利表と返済額シミュレーションを紹介!おすすめ業者も

アイフルで30万の利子はいくら?利息計算後の金利表と返済額シミュレーションを紹介!おすすめ業者も

「アイフルで30万借りた場合の利子はどれくらい?」

「アイフルで30万借りたいけど、利子を抑える方法はある?」

アイフルでの30万の借入を検討していて、このような疑問をお持ちの方もいるのではないでしょうか。

30万円借りた場合の利子は、返済期間によって異なるので、一概にいくらとは明言できません。

しかし、返済期間の目処がついている場合は、どれくらいの利子が加算されるのか、計算が可能です。

そこで今回は、アイフルで30万借りる場合の金利表を、返済額シミュレーションと合わせて紹介します。

アイフルで利息を抑えるためのポイントも解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

《アイフルの概要》

融資を受けられるまで最短18分(※1)
融資限度額800万円(※2)
実質年利3.0%~18.0%
無利息期間30日間
担保・保証人不要

※1:お申し込み時間や審査状況によりご希望に添えない場合があります。

※2:ご利用限度額50万円超、または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要です。

アイフルの貸付条件・詳細はこちら

アイフルで30万の利子を知りたい!1日単位で利息計算するといくら?10万〜50万までの金利表

金利18%としてアイフルで30万を半年間借りた場合、1日あたりの利子は147円です。アイフルの利子は以下の方法で計算できます。

出典:返済金額・お利息の計算方法|アイフル

30万借りる際にこちらの計算式に当てはめると、以下のように算出することが可能です。

30万円×18.0%÷365日×1日=147円

これからアイフルで借入を検討している方に向けて、10万〜50万までの具体的な利子と返済額を表にまとめておくので、確認してみてください。

借入金額返済期間(回数)利子返済総額毎月の返済額
10万円1年(12回)9,106円10万9,106円1万円
2年(24回)1万9,712円11万9,712円5,000円
20万円1年(12回)1万9,390円21万9,390円1万9,000円
2年(24回)3万9,598円23万9,598円1万円
30万円1年(12回)2万9,383円32万9,383円2万8,000円
2年(24回)5万9,163円35万9,163円1万5,000円
40万円2年(24回)7万9,214円47万9,214円2万円
3年(34回)10万5,202円50万5,202円1万6,00円
50万円3年(34回)14万412円64万412円1万9,000円
4年(47回)19万7,928万69万7,928円1万5,000円

希望する返済期間が上表にない方は、次の項目で紹介するアイフルの返済シミュレーションで調べてみるとよいでしょう。

アイフルの貸付条件・詳細はこちら

アイフルで30万の利子を知りたい!返済額シミュレーションの利用方法

返済期間を細かく設定して利子を調べたい方は、アイフルの返済シミュレーションを活用すると便利です。

出典:ご返済シミュレーション|アイフル

返済シミュレーションに借入金額・利率・希望の返済回数を入力するだけで、月々の返済金額を簡単に調べられます。

また、金額による返済回数や、月々の返済額から借入可能額の逆算も可能です。

調べたい項目に合わせてさまざまなシミュレーションができますので、ぜひ活用してみてください。

アイフルの貸付条件・詳細はこちら

アイフルで30万の利子を抑えたい!知っておくべきポイント

アイフルで30万借りる際に利子を抑えたいなら、以下のポイントを意識しましょう。

  • 無利息期間を活用する
  • 繰上げ返済を行う

こちらの2点を頭に入れておけば、通常の借入時より効果的に利子の加算を抑えられます。

無利息期間を活用する

アイフルで30万借りる際には、無利息期間を活用しましょう。初めて借入をする方は30日間利息が発生しないため、非常にお得です。

無利息期間に借入を行えば、1日あたり174円の利息を節約できます。30日間で利息換算すれば、5,220円分もの利息削減が可能

無利息期間は契約日の翌日から30日間なので、契約日から間を置かずに借入すれば、1日も無駄にせず無利息の特典を受けられます。

ただし、契約日の翌日から自動で起算されますから、日数を無駄にしないためにはすぐに借入を行ってください。

繰上げ返済を行う

利子を抑えたいなら、積極的に繰上げ返済を行いましょう。繰上げ返済とは、通常の返済と別のタイミングで行う追加返済のことです。

完済までの期間を短縮できるので、日割りで加算される利子を抑えられる効果があります。

返済期間が短くなるほど上乗せされる利子総額も少なくなるため、約定返済のペースで完済した場合と比べると利子の負担を大きく軽減できるでしょう。

アイフルの貸付条件・詳細はこちら

アイフルで30万の利子を抑えたい!条件のよいカードローンをお探しの方におすすめな業者3選

アイフルで30万の借入を検討している方は、以下のカードローンも借入先の候補に加えてみてください。

  • プロミス
  • SMBCモビット
  • アコム

3社ともアイフルと同じく、大手の消費者金融として名を連ねており、年利も同等の水準で設定されています。

それぞれの業者ならではの特徴を紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

①プロミス

「プロミス」はアイフルより限度額が300万円少ないものの、最大年利が0.2%低い点が特徴です。

30万円の借入では、ほとんどのケースで最大年利が適用されますので、アイフルよりややお得に利用できます。

また、最短3分で結果が通知される、審査の素早さも強みです(※1)。

初めて利用する方には30日間の無利息期間が付与されますから、利子が気になる方にも利用しやすいでしょう(※2)。

融資を受けられるまで最短3分(※1)
融資限度額1〜500万円(※3)
実質年利4.5%~17.8%
無利息期間30日間
担保・保証人不要

※1:お申し込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。申し込みの曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

※2:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

※3:借入限度額は審査によって決定いたします。

プロミスの詳細はこちらから

②SMBCモビット

「SMBCモビット」は、利用者目線のサービスを大切にしている大手消費者金融です。

原則電話連絡なしなので、誰にも知られずに30万借り入れたい方でも、気負わずに利用できるでしょう。

ローソン銀行・セブン銀行を利用でき、深夜や早朝の取引も可能。最寄りのコンビニから利用できる点も魅力といえます。

三井住友銀行のATMを利用すれば手数料が無料になるため、なるべくコストを抑えたい方におすすめです。

融資を受けられるまで最短30分(※)
融資限度額800万円
実質年利3.0%~18.0%
担保・保証人不要

※申し込みの曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

SMBCモビットの詳細はこちら

③アコム

「アコム」はカードレスでの利用も可能ですが、ローンカードを発行する際でも郵送物の心配がありません

自動契約機(むじんくん)からその場でカード発行が可能なので、カード派の方にも選ばれています。

また、初回借入で30日間無利息となり、繰上げ返済や増額返済にも柔軟に対応してくれるため頼りになるでしょう。

状況に応じて返済ペースを早めたい方はぜひ利用してみてください。

融資を受けられるまで最短20分(※)
融資限度額1~800万円
実質年利3.0%~18.0%
無利息期間30日間
担保・保証人不要

※お申し込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

アコムの詳細はこちらから

アイフルで30万の利子を抑えたい!審査通過を目指す際の注意点

アイフルで30万借りたいなら、まずは審査通過を目指さなければなりません。

少しでも審査に通過できる確率を上げたい方は、以下の点に注意しましょう。

  • 雇用形態や収入を安定させておく
  • 正確な情報を申告する
  • 複数社に同時申し込みをしない

雇用形態や収入を安定させておく

アイフルで審査通過を目指したいなら、雇用形態や収入を安定させておきましょう。というのも、アイフル側から見て返済能力が高いほど、安心してお金を貸せるためです。

アイフルでは、アルバイトやパートでも借入可能ですが、あくまで月々の収入が安定しているのが前提条件となっています。

出典:よくある質問|アイフル

定まった収入源がない方は、パートやアルバイトでも構わないので月々の収入を安定させてから申し込みましょう。

正確な情報を申告する

アイフルに借入申し込みをする際には、正確な情報を申告するよう心掛けてください。申告した情報に誤りがあった場合は、審査落ちにつながる可能性があるためです。

アイフルでは、利用者の申告情報と実際の状況が一致しているか、審査の際に必ず確認を行います。

情報が一致しない場合は審査に時間がかかるだけでなく、いい加減な印象を与えてしまうでしょう。

また、虚偽申告を疑われる可能性もあり、信頼できない人物と判断される恐れもあります。必要情報を申告する際には、必ず内容に誤りがないか、見直すようにしてください。

複数社に同時申し込みをしない

30万の借入を急いでいる場合でも、複数社に同時申し込みをしないようにしましょう。

金融機関の間では、利用者の申し込み状況が共有されているため、同時申し込みをしていると心象が悪くなってしまいます

相当お金に困っている人物だと、ネガティブなイメージを与えてしまいますから、返済能力を不安視されて審査落ちにつながるでしょう。

アイフルで30万借りるには、必ず単独で申し込むようにしてください。

アイフルの貸付条件・詳細はこちら

まとめ

アイフルで30万借りる際には、1日あたり147円の利子が発生します(年利18%の場合)。

1日単位で利子が発生するため、返済が長期になるほど支払い総額が増える点に注意してください。

借入期間に対する支払い総額を詳しく知りたい方は、アイフル公式サイトの返済シミュレーションを活用して、詳しい金額を調べてみるとよいでしょう。

アイフルの貸付条件・詳細はこちら

カードローン2カテゴリの最新記事